加齢による尿漏れは女性にも起きる|悩みのタネは根絶やしにする

病院

意外と多い尿トラブル

尿漏れは女性に多い。これは男性に比べて尿道が短いこと、妊娠・出産の経験等が原因となりやすいためである。尿漏れの治療は泌尿器科で行われている。骨盤底筋のゆるみが主要因と考えられることからこれを鍛えることが治療の基本である。この他、薬や手術といった治療を取る場合がある。

聴診器

誰でも起こることです

人間は年を取れば身体機能が低下していき、尿漏れなどが起きることがあります。女性の場合、コンプレックスになることも多いのですが、泌尿器科にかかれば治療を受けることが出来るので安心です。

悩む中年女性

尿が漏れる

女性の尿漏れは、一生のうちで誰でも経験することかもしれません。恥ずかしいことでもないですので悩まず、対策をとりましょう。楽しく外出や日々の生活ができるように色々な対策を試してみましょう。尿漏れパット、おむつ色々あります。

加齢による不都合の例

医者と看護師

構造と筋力低下への注意

人間は加齢によって体の組織が変化し、不都合な現象が起きやすくなります。加齢によって起きやすくなる現象の1例として挙げられるのが尿漏れです。尿漏れとは主に40代以上の女性に多いとされていた症状ですが、近年では若年層や男性にも増えていると言われる症状です。尿漏れが起きる主な理由としては、排尿機能の構造的な問題と、周辺組織の筋力低下という2つが挙げられます。構造的な理由として女性の場合は元々、膀胱から尿排せつを行う時の通り道である尿道が短い事が挙げられます。そのため膀胱に対する同じ刺激でも、男性と比較して尿漏れが起きやすいと言われています。また尿漏れを防ぐために尿道を締める周辺組織の筋力が低下すると起きやすくなります。特に女性では筋力低下が顕著なために、女性に多い現象と見られやすい理由にもなっています。したがって対策として、周辺組織の筋力強化のための運動が推奨されています。

主なメカニズム

こうした構造上の問題や筋力低下によって引き起こされる尿漏れには、大きく分けて2つのタイプがあるとされます。まず第1のタイプとして、腹圧型と呼ばれる分類です。これは何らかの原因で腹部に力が入る事で、膀胱や周辺組織の筋肉が刺激され、意図しないタイミングでの尿漏れが起きる状態を指します。主に重い荷物を持った時や、クシャミや咳が出た時、あるいは爆笑した時などに起こりやすいタイプとされます。筋力低下の他に妊娠や肥満によって、骨盤の形状が変わると起こりやすいと言われています。第2のタイプは切迫型と呼ばれるもので、神経伝達系の異常によって起きるタイプとされます。膀胱内部の尿の量に関係無く、尿意を過敏に感じてしまう事で尿漏れに繋がりやすいタイプとなっています。骨盤の形状が変化する要因が多い女性には腹圧型が発症しやすいと言われていますが、いずれのタイプでも深刻な症状が潜んでいる確率が指摘されます。そのため原因究明も含めた早めの受診が推奨されます。

Copyright © 2016 加齢による尿漏れは女性にも起きる|悩みのタネは根絶やしにする All Rights Reserved.